スマホと光回線の通信費が高くて節約したいとき、選択肢のひとつとしてWiMAXを利用する方法があります。
賢く節約する方法を学びましょう。
mobile-phone-791644_640

スマホとWiMAXを組み合わせるといいことがある

スマホでアプリを利用していてイライラすることがあった経験がある人も多いでしょう。
そんな人はWiMAXルーターを利用することによってアプリのダウンロードや動画も簡単に
操作できるようになります。
スマホのWi-Fi設定からWi-Fiルーターを選択してパスワードを入力すれば快適なデータ通信ができます。

光回線を解約してWiMAX一本化しよう

光回線をWiMAXにしてスマホのパケット通信プランを安いプランにすれば節約することが可能です。
スマホがauであれば、スマホの月額料金から最大934円割引になってさらにお得になります。
もしも一戸建てで光回線を契約している場合、月額5000円程度かかっているが、WiMAXなら
通信無制限のギガ放題で最初の3か月は3696円、その後の25か月が4380円、最終的には4880円となります。

WiMAXを使うメリット

初期費用がお得になる

WiMAXは初期費用は事務手数料と端末代です。
ホームルーターが2800円ですが、キャンペーン利用で0になることもあります。
光回線の場合は初期工事費用と事務手数料です。
工事費用は会社にもよりますが、およそ15000円から20000円ほど。
一戸建ての方が高いようです。
事務手数料は同じく3000円、ルーターはレンタルとなっていて初期費用もしくは月額料金に含まれています。

開通が早い

WiMAXは公式サイトから申し込めば2日から1週間ほどで開通できます。
しかし、光の場合は工事があるのでどうしても時間がかかります。
そのときの混み具合で1か月かかるということも。
引っ越しが多い人は光よりもWiMAXのようなモバイル回線が便利です。

通信速度も速くなっている

以前は最大40Mbpsだったが、いまではSpeed Wi-Fi NEXTを利用することで、最大220Mbpsと
光回線の最大200Mbpsよりも速くなります。
有線LAN接続もできて、デスクトップパソコンやテレビにも接続可能となっています。

WiMAXと4GLTEについて

WiMAXと4GLTEは速度などはほぼ同じですが、つながりやすさでは4GLTEが優ります。
WiMAXは最大25か月速度制限なしのサービスを利用しているので、自宅使用であれば
まずこちらを選んで間違いないでしょう。
しかし、WiMAXも実は別途オプション料金を払えば4GLTEに切り替えて利用することもできるのです。
どちらにするか迷ったら両方使えるWiMAX2+にすればいいのです。

まだあるメリットをまとめて解説

追加料金なしで高速通信が使える
他社の場合は毎月決まった通信量まででそれ以上使いたい場合は制限解除の手続きが必要になってしまいます。

Try WiMAX レンタルでお試しできる

クレジットカードの登録をすれば15日無料でレンタル、WiMAXを実感することができます。
実際に使ってみればどんなものかわかりやすいのでおすすめです。

外出先でも使える

自宅でのみの光回線と比較すると持ち運びできるWiMAXは便利。
地下鉄、地下街、空港などの利用もサービスエリアが拡大しています。
全国20万か所にあるWi-Fiスポットで利用できます。

仕事で移動が多い人でも移動中の電車やタクシー内でも利用可能なため、
忙しい社会人の強い味方となってくれるはずです。
就活でもスマホで情報を集めたり、エントリーしたりすることも増えてきたので、
WiMAXを使えばスマホ活用した就活もスムーズにいくでしょう。

家族みんなで楽しめる

WiMAXのルーターがあればパソコン、タブレット、スマホなどいろんなデバイスで同時に
インターネットを楽しめます。
家族みんなで同時利用ができるので通信費の節約にもなってとても便利です。
複数の契約をしなくていいので煩わしさもありません。

プランの見直しが月単位でできる

あまりインターネットを利用しないという場合は、ギガ放題から普通のツープラスプランへと
変更することで月7Gが月額3696円で利用可能です。

速度の問題も見事にクリアしたWiMAX2+は光回線からの乗り換え候補になる便利なサービスといえるでしょう。