WiMAX、WiMAX2+を取り扱っているプロバイダは20社以上あります。

選び方は色々ありますが、

ここでは利用料を安くするのに重要なキャンペーンと、

速く快適に利用するための鍵になるルーターについてまとめました!

目次

プロバイダごとに速度の違いは無い!

どうせ契約するなら速いところが良いですが、実はプロバイダによる通信速度の違いは無いです。

プロバイダはどこもUQ WiMAX提供のインターネット回線を使用するので、優劣は無いんです。

違いを出すのはモバイルルーターの機種

WiMAX通信をするには専用のモバイルルーターが必要になります。

そしてこの機種によって通信速度の他、通信安定性、通信エリアも影響してくるんです。

現在WiMAX2+のモバイルルーターは主に5機種がメインになっています。(2017年時点)

機種名Speed Wi-Fi NEXT WX02Speed Wi-Fi NEXT WX03Speed Wi-Fi NEXT W02Speed Wi-Fi NEXT W03Speed Wi-Fi NEXT W04
Speed Wi-Fi NEXT WX02の写真Speed Wi-Fi NEXT WX03の写真Speed Wi-Fi NEXT W02の写真
Speed Wi-Fi NEXT W03の写真2peed Wi-Fi NEXT W04の写真
通信速度モード・220Mbps(WiMAX2+)
・13.3Mbps(WiMAX)
・220~440Mbps(WiMAX2+)
・220Mbps(WiMAX2+)
・75Mbps(au 4G LTE)
・220Mbps(WiMAX2+)
・225Mbps(au 4G LTE)
・370Mbps(WiMAX2++au 4G LTE)
・220~440Mbps(WiMAX2+)
・75Mbps(au 4G LTE)
速さに影響する特徴・4×4MIMO
・WiMAXハイパワー
・5GHz対応
・4×4MIMO
・WiMAXハイパワー
・5GHz対応
・2波キャリアアグリケーション
・2×2MIMO
・5GHz対応
・2波キャリアアグリケーション
・2×2MIMO
・5GHz対応
・3波キャリアアグリケーション
・2×2MIMO
・5GHz対応
・2波キャリアアグリケーション
駆動時間【連続通信】
WiMAX 2+:約9時間
WiMAX 2+(110M):約10.5時間
WiMAX:約12時間
【待受時間】
最大650時間
【連続通信】
WiMAX 2+:約7.3~12.3時間
【待受時間】
最大1100時間
【連続通信】
WiMAX2+:約6.5~8.5時間
LTE:約7.5時間
【待受時間】
最大760時間
【連続通信】
WiMAX2+:約10時間
LTE:約7.5時間
【待受時間】
最大1,040時間
【連続通信】
WiMAX 2+:約6.5~10.5時間
【待受時間】
最大850時間
質量約95g約110g約119g約127g約140g
Wi-Fi規格IEEE802.11ac/n/a(5GHz帯)、
11n/g/b(2.4GHz帯)
IEEE802.11ac/n/a(5GHz帯)、
11n/g/b(2.4GHz帯)
IEEE802.11ac/n/a(5GHz帯)、
11n/g/b(2.4GHz帯)
IEEE802.11ac/n/a(5GHz帯)、
11n/g/b(2.4GHz帯)
IEEE802.11ac/n/a(5GHz帯)、
11n/g/b(2.4GHz帯)

 

大きく分けて【WXシリーズ】と【Wシリーズ】に分かれています。

最も大きな違いは、

【WXシリーズ】は通信方式を電波の状況に合わせて【WiMAX2+】と【WiMAX】で切り替えるのに対し、

【Wシリーズ】は【WiMAX2+】と【au 4G/LTE】で切り替えること。

 

通信カバーエリアの異なる【WiMAX2+】と【au 4G/LTE】が使える【Wシリーズ】の方が、

繋がりやすさが安定しているといえます。

ですが【WiMAX2+】の電波の強さで言えば【WXシリーズ】のほうが搭載技術が優れているため、

高速である可能性が高いです。

ただ実際に測定した結果、当サイトのおすすめは【Speed Wi-Fi NEXT Wシリーズ】です。

測定に関してはこちらを参考にしてみてください。

シリーズによる特長比較

プロバイダはキャンペーンの良さで選ぼう!

WiMAX2+を利用するなら速度の出る【Speed Wi-Fi NEXT Wシリーズ】がおすすめですが、

おすすめのルーターはSpeed Wi-Fi NEXT Wシリーズ

プロバイダはどのように選べば良いのでしょうか?

両シリーズは基本どこのプロバイダでも取り扱っています。

 

ですがキャンペーン内容は違ってくるので、初期費用や月額利用料は違ってきます。

キャンペーンに力を入れているプロバイダでは、通常3,696円の月額料金が2,000円台に下がったり、

数万円のキャッシュバック、タブレットをタダでプレゼントなど内容が盛りだくさんです。

 

こうしたキャンペーンは1ヵ月単位で終了することが多いため、一番お得なプロバイダは毎月変化しています。

キャンペーンで選ぶ

なのでこうした情報を見逃さず、一番お得な特典があるプロバイダを選ぶのが賢いでしょう。

WiMAXを安く利用できるプロバイダは?キャンペーン比較!

当サイトでは約20社のプロバイダキャンペーン内容を比較し、

今お得なプロバイダをランキング形式にしました!是非参考にしてみてくださいね♪

wimax2+のプロバイダ一覧

GMOとくとくBB

7月限定、最高額級キャッシュバックキャンペーン実施中!

3日間制限10GBでWi-Fi/SIMより断然緩い!

20社中最新のルーターを最も安く利用でき、快適なインターネットができるのがGMOとくとくBBです。毎月数万円のキャッシュバックはもちろん、月額利用割引にも積極的なので、総コストは最も安く抑えられることが多いです。手続きはWEB上でできるので、面倒な書類のやりとり不要、即日発送にも対応しているので直ぐに使用したい人にもおすすめできますし、20日以内ならキャンセルができるので、『ちゃんとつながるか不安』という人も安心できます。

【GMOとくとくBB WiMAX2+】市場最安級の月額料金3,609円で使えて、最高32,000円ももらえる! 市場最強にお得なWiMAX2+はこちら

2年間利用料 ※キャッシュバック差引、NEXT W03 利用ギガ放題プラン:70,174円(月額平均:2,924円)
2年間利用料 ※キャッシュバック差引、NEXT WX03 利用ギガ放題プラン:72,574円(月額平均:3,024円)
2年間利用料 ※キャッシュバック差引、NEXT W04 利用ギガ放題プラン:71,074円(月額平均:2,961円)
キャッシュバックW03(370Mbps):32,000円(7月限定)
WX03(440Mbps):29,500円(7月限定)
W04(440Mbps):31,000円(7月限定)
その他キャンペーン初月利用料無料
1~2か月最大654割引
初期手数料3000円
ルーター代19,000円 → 0円
最低契約年数2年間
解約金9,500円~

 

月額割引プランで月2,690円も選択可能!!

『キャッシュバックよりも月額割引が良いなあ』という人向けにGMOは月額割引コースも用意しています。
2年間総額の割引は43,364円というかなり高額な割引になっています♪

GMOの月額割引コースはこちらから

月額利用料【ギガ放題プラン】
1~2ヵ月目:2,690円(通常料金から月1,573円割引)
3~24ヵ月目:3,344円(通常料金から月919円割引)
【通常プラン】
1~24ヵ月目:2,690円(通常料金から月997円割引)
その他キャンペーン●初月利用料無料
●毎月100ポイント付与(利用料金割引に使用可)
●auユーザーならスマホ代最大934円割引
初期手数料3000円
ルーター代20,000円 → 0円
最低契約年数2年間
解約金9,500円~

 

 

BIGLOBE

BIGLOBEは昔からインターネットプロバイダとして知名度が高い会社です。一番の特徴は別途BIGLOBEスマホセットキャンペーンを実施していること。スマホの買い替えを考えている人はおすすめです。またキャッシュバックのほかにGポイント還元を選ぶこともできます。

 

BIGLOBE WiMAX 2+ キャンペーン

月利用料 ※キャッシュバック差引ギガ放題プラン:83,750円(月額:3,490円)
キャッシュバック20,000円
その他キャンペーン無し
初期手数料3000円
ルーター代0円
最低契約年数2年間
解約金9,500円~

 

UQ WiMAX

WiMAXを提供しているのはauから発足したUQ WiMAX社です。(青ガチャピンとムックで有名ですね!)個人的意見としてはサポート体制という面ではさほど大差はないと思っていますが、やはり本家本元が安心できるという方に人気です。
キャンペーンは正直他の代理店プロバイダに見劣りしますが、サポートは一番充実しています。特にネット関係はあまり得意ではない、機械類は苦手という方にはおすすめです。

UQ WiMAX公式サイトはこちらから

2年間利用料 ※キャッシュバック差引ギガ放題プラン:103,068円(月額平均:4,295円)
キャッシュバック0円
その他キャンペーン初月利用料無料
3か月間最大684割引
商品券10,000円
初期手数料3000円
ルーター代2800円~
最低契約年数2年間
解約金9,500円~

 

So-net

So-netはキャッシュバックプランのほか、W04限定で月額割引プランを選択できるのが嬉しい点です。またSo-netはインターネットプロバイダとしては老舗で信頼性もあり、サポートが充実しているので初めてWiMAXを利用する人も安心できるでしょう。ただし現時点ではGMOや3WiMAXよりは少し高めとなっています。

【So-net モバイル WiMAX 2+】今なら機器無料などおトク!

利用料 【ギガ放題割引プラン】
2年間総利用料:75,820円(月額:3,159円)
【ギガ放題キャッシュバックプラン】
2年間総利用料:74,550円(月額:3,106円)
キャッシュバック20,000円
その他キャンペーンご利用開始月の利用料は無料
初期手数料3000円
ルーター代0円
最低契約年数2年間
解約金9,500円~

 

3WiMAX

おトク割適応と高額キャッシュバックの組み合わせで、実質2年間の費用がかなり安く済むのが3WiMAXです。プロバイダとしては他社より知名度は低いですが、通信費用を抑えたい!のであれば間違いなくお勧め!

 

高額キャッシュバックで【実質2,575円】の安さ!3WiMAXの公式サイトへ

2年間利用料
※キャッシュバック差引
ライトプランプラン61,800円:(月額平均:2,575円)
ギガ放題プラン75,432円:(月額平均:3,143円)
キャッシュバック28,000円
その他キャンペーンギガ放題無料お試しキャンペーン
初期手数料3000円
ルーター代0円
最低契約年数2年間
解約金9,500円~

 

@nifty

インターネットプロバイダとして老舗と言えば「@nifty」です。キャンペーンにも力を入れており、また昔から実績があるので信頼性が高いのも特徴です。すでにnifty会員の方は料金が安くなっているのでチェックしてみるとよいでしょう。

 
 

WiMAX 2+「Speed Wi-Fi NEXT WX02」25,000円キャッシュバック!

2年間利用料 
※キャッシュバック差引
【ギガ放題プラン】
77,040円(月額平均:3,211円)
キャッシュバック20,000円
その他キャンペーン初月利用料無料
2~3ヶ月目:月3,420円
4~25ヶ月目:月4,100円
初期手数料3,000円
ルーター代1円
最低契約年数2年間
解約金9,500円~

 

WiMAXルーターの良さとは?

3日間制限がSIMやWi-Fiよりも緩い!

無線通信では月額制限のほかに3日間容量制限があります。

SIMやポケットWi-Fiでは3日間1~3GBが多いですが、

WiMAXは3日間10GBと通信機器で最も緩い制限を実現できています。

ゲームや映画などをたっぷり見ても事足りる容量ですので、

常に快適にインターネットをすることができます。

 

MIMOで高速通信状態で安定的に

今までのWiMAXは基地局のアンテナ1本とモバイルルーターのアンテナ1本で通信をおこなっていました。

しかしこの場合だと、何か電波障害などがあると直ぐに通信が不安定になり、回線が遅くなる、繋がりにくくなるという問題がありました。

そこで220Mbps対応した【Speed Wi-Fi NEXT W01/02】からは2×2MIMOという、基地局2本とルータ2本のアンテナを並列して使う通信技術が採用されました。

これによりどちらか一方の通信が不安定でも、もう一方でカバーでき高速かつ安定になるというわけです。

さらに【Speed Wi-Fi NEXT WX01/02】では倍の4本同時使用(4×4MIMO)を初めて採用しています。

そのため従来のモバイルルーターに対して高速性、安定性は格段に良くなっているんです。

WiMAXハイパワーが使える!

WIMAXの通信エリア網羅率は4G/LTEに対して99%と、ほぼ遜色ないレベルまで進んでいます。

人口カバー率も99%なので、ほとんどスマホと同じような通信エリアと言えます。

ただそれでも電波が弱いところは少なからず存在しましたが、

【Speed Wi-Fi NEXT WX01/02】では弱電波領域でも安定的に通信ができるWiMAXハイパワーが使用できます。

5GHz帯で通信の混線、乱れが生じにくい!

通常WiMAXやWi-Fiは屋外では2.4GHz帯でしか通信をしてはいけませんでした。

屋内であっても旧規格IEEE802.11a/b/g/nの5GHz帯でした。

ですが、【Speed Wi-Fi NEXT W01/02】および【Speed Wi-Fi NEXT WX01/02】は初めて屋外でIEEE802.11ac型5GHz帯を使用できるようになっています。

周波数が多いとそれだけ情報を一度に送信できることを意味しているので、高速通信ができるということ。

また従来のIEEE802.11a/b/g/nの5GHz帯が最大通信速度450Mbpsよりも約12倍の高速安定性を持っています。

しかも電波干渉により強くなるため、安定した通信が可能になっています。

屋外はもちろんですが、家の中の電子レンジなどは2.4GHz帯の周波数特性を持っているので、

WiMAXと干渉しやすく速度低下につながっていましたが、その心配が無くなります。

おすすめのルーターは?実際に速さを計測してみた!

スペックを見ると前述したような特長がありますが、

【実際は使ってみないとわからない】というのがモバイルルーターです。

そこで両シリーズ最新ルーターの、

【Speed Wi-Fi NEXT WX02】と【Speed Wi-Fi NEXT W03】の速度を計測していみました!

W03とWX02を速度比較
色々な場所で3回づつ計測しています。

また参考までに【Speed Wi-Fi NEXT W03】の前バージョンにあたる【W02】の計測データも載せています。

まずは自宅で計測

計測のポイント

  • 家で無線LANを使用したい人を想定
  • 一般的な住宅街での速度はどうか…?

 

W03自宅での計測結果WX02自宅での計測結果

機種計測1計測2計測3平均速度
speed wi-fi next w0326.30Mbps29.74Mbps26.59Mbps27.54Mbps
speed wi-fi next wx0216.1Mbps16.7Mbps15.3Mbps16.0Mbps
speed wi-fi next w0237.88Mbps32.68Mbps44.85Mbps38.47Mbps

 

WiMAXを自宅の回線で使用したい!という方も多くなってきました。
一般的なマンションで計測しましたが、両者とも十分な速度が出ていました。
動画やゲームなども支障がないレベルです。
ただW03がWX02よりも軒並み速い速度が出ており、無線通信としてもトップクラスの速度といえます。

 

屋外で計測

計測のポイント

  • 公園や外でのインターネット利用を想定して計測
  • 障害物の少ない屋外では無線通信はしやすい

 

W03屋外での計測結果WX02屋外での計測結果

機種計測1計測2計測3平均速度
speed wi-fi next w03(2.4GHz)48.61Mbps34.22Mbps33.16Mbps44.93Mbps
speed wi-fi next w03(5GHz)116.91Mbps147.98Mbps144.19Mbps136.36Mbps
speed wi-fi next wx0218.79Mbps21.26Mbps19.85Mbps19.97Mbps
speed wi-fi next w0236.31Mbps33.13Mbps42.41Mbps37.28Mbps

 

WiFiなど無線通信は、基本的に建物など障害物に弱いです。
ですので障害物の少ない屋外では使いやすいインターネットになります。
WiMAXも同じで、両社ともまったく問題の無い速度が出ていました。
ただ、ここでもWシリーズのほうがWX02よりも速度が出ています。
またW03のほうがW02よりも平均して速度が速かったです。
そして一番驚いたのがW03を5GHzで稼働させたときの速さ!
100Mbpsを軽く超えていますが、今までポケットWi-Fiも含めて、
モバイル系のインターネットでここまでの速度を見たことはありませんでした。
5GHzモードでここまで速度が違うのはW03が初めてです。

 

混雑した駅構内で計測

計測のポイント

  • 駅の休憩所や混雑した場所での使用を想定
  • 人口密集状態での速度低下の具合は?

 
W03駅での計測結果WX02駅での計測結果

機種計測1計測2計測3平均速度
speed wi-fi next w03(2.4GHz)38.87Mbps36.23Mbps38.52Mbps37.87Mbps
speed wi-fi next w03(5GHz)102.17Mbps95.02Mbps115.90Mbps104.36Mbps
speed wi-fi next wx026.65Mbps7.13Mbps9.21Mbps7.66Mbps
speed wi-fi next w0230.63Mbps24.70Mbps38.20Mbps31.18Mbps

 

インターネットは回線が限られているため、利用者が多いと速度は低下します。
WiMAXはスマホの標準通信規格でない分、
ポケットWi-Fiなど4G/LTE通信より速度低下は起こり難いとされていますが、
それでもWX02において若干の速度低下が見られました。
ただW03では他の場所とさほど変わらず高速で、安定性がとても良いと感じました。
さらに5GHzモードでも平均100Mbpsとものすごく速い速度を維持できています。

 

地下で計測

計測のポイント

  • 地下のインターネット利用を想定して計測
  • 地下ではWiMAXは弱いとされるが…?

 

W03地下での計測結果WX02地下での計測結果

機種計測1計測2計測3平均速度
speed wi-fi next w03(2.4GHz)44.34Mbps47.83Mbps39.31Mbps43.83Mbps
speed wi-fi next w03(5GHz)119.38Mbps100.95Mbps124.01Mbps114.78Mbps
speed wi-fi next wx0212.89Mbps15.40Mbps19.75Mbps16.01Mbps
speed wi-fi next w0233.76Mbps27.25Mbps29.07Mbps30.03Mbps

 

以前のWiMAXでは地下で繋がり難いという声がありました。
WiMAX2+ではその点が改善されていて、特にWXとWシリーズは地下にも強いのがウリです。
実際計測してみると、問題無く安定して繋がります。
その中でもW03がWX02の約2.5倍の速度が出ており、地下であるのに高速でした。
さらに5GHzモードでも安定して100Mbps超え
周波数の特性上地下や密閉された空間では弱い5GHzでしたが、まったくそれを感じさせない速度でした。

 

速い速度を体感するならW03!!

【WXシリーズ】と【Wシリーズ】ともに安定的に速度がでますが、

よりWiMAX2+の早さを体感するなら【Speed Wi-Fi NEXT 03】がおすすめです!

WiMAXでは繋がり難いといわれていた、地下や密閉された空間でも問題無く通信できますし、

4G/LTE対応なので、WiMAXがカバーできないエリアでも安定的に繋がるので、

どこにいってもインターネットをすることができます。

また5GHzモード稼働時の速度は私がいろいろ計測してきたなかでは断トツの一番の速さ。

動画やゲームはもちろん、大容量ファイルのダウンロードなどもまったく問題なくできるでしょう。

おすすめのルーターはSpeed Wi-Fi NEXT W03

 

【W03】を利用してWiMAXを安く利用するにはプロバイダのキャンペーンが重要になってきます。

詳しくはプロバイダはキャンペーンの良さで選ぼう!を参考にしてみてください。